絵が上達する為にやめた3つの事

広告

はい、どうもこんにちは日辻です。

今回は私が絵が上達する為にやめた3つの事についてご紹介したいと思います。

まずこちらをご覧ください

半年前の私の絵です…

そしてあることをやめて描いたのがこちら

白猫プロジェクト20夏サテラ

どうです?格段に上手くなったと思いませんか?

ちなみに使用したソフトはどちらもクリスタ&板タブです

やめたこと

①描きたい物だけ描く

以前の私は、「(何かを)持っている絵を描きたいなー、でも手が描けないから隠すか~」

みたいな感じで苦手とするものを描いてきませんでした。

手、背景、武器や鎧、乗り物…

凝ったものを描くのを極端に嫌っていました。

ですが苦手だから、描くのが楽しくないから遠まわしにしていった結果

顔はかわいく描けるのに体があんまり…という状況を作り上げていました。

こんな感じ(4年前)

手を後ろで組むポーズって可愛くてつい描いてしまっていました…

いけないとわかていても…

結論:苦手に背を向けても絵は上手くなりません!あきらめて描きましょう!

②思いついた物しか描かない

例えば皆さんオリジナルで何か絵を描くとき資料を探しますか?

私は探していませんでした。

というかイラストの描き方にまつわる教本なども一冊も持っておりませんでした。

その結果

「オリジナルで衣装考えるの難しいな~」

などと思っていました。

当たり前です自分に無いものを必死に探しても無いのですから思うゴールが見つからなくて当然です。

結論:今は本を買わなくてもネットで簡単に調べられます
YouTubeなどでもイラスト上達法を公開していらっしゃる方は沢山いらっしゃいます!
わからないなら調べる‼

私もYouTubeやってるのでよかったら覗きに来て下さい♪

日辻南のお絵描きの夜

③いきなりデジタルから描く

これが私に大きな激震をもたらしました!

いつもはデジタル(PC)ですべて描いていたのですが②でお話ししたようにYouTubeでイラスト上達法を探していた時、さいとう なおきさんのチャンネルを発見いたしました。

そこで紹介しておられたのは要約すると、はじめ紙に小さくラフを無理にでも沢山描いてその中から詳細なカラーラフ複数作っていく、というような内容でした

さいとうさんはこの工程を”描きたみ”を出すためだと言っておられました。

私は”ラフはアタリ、無くてもいい”と思っていました。

何だったらいきなり線画から描き始めたこともしばしば…

結論:構図をしっかり固め明確なゴールを決めたことで最高の作品にまっすぐ突き進むことができました。

まとめ

今回私が学んだことは、いきなり絵を描くことだけがお絵描きじゃないということです。

素敵なイラストを描くにはその前の下ごしらえ(ラフ)が非常に大切だということ。

皆さんもぜひ実践してみてはどうでしょうか?

あと、これもYouTubeで調べているときに知ったのですが人間の脳は朝起きた時が考えごとをするのに最適だそうなので皆さん寝る前じゃなくて目覚めた時にラフを描くようにしてみてはいかがでしょうか?

私は線画など頭を使わなくてもいいものは夜やるようにしています♪